menu

STAFF

STAFF

Kenji Shibata柴田 賢治

スタイリスト歴
13年
得意なイメージ
カジュアル・ストリート・都会的
得意な技術
ショートカット、少しエッジの効いたスタイルが得意、好きですね!
趣味・マイブーム
音楽、アート関係からいつもインスピレーションを受けます。

STYLE

Kenji Shibata
Kenji Shibata
Kenji Shibata
Kenji Shibata
Kenji Shibata

read more

BLOGブログ

2018/05/18
ボブを重かるく、夏らしく
いつものボブをハイトーンカラーで夏っぽく演出。これからの季節、ショートカットやベリーショート・ボブなどの短めスタイルに新たに挑戦してみようとお考えの方もいると思います。

そんな気分と季節感を組み合わせて今を楽しむ、というご提案。
こんにちは、柴田です。最近ほんとに暑い日が続いていますね。もうなんだか気分は夏、


今回はダークトーンからハイトーンカラーボブにチェンジしました。

before↓↓
ここからこんな感じに↓↓

重さとフォルムを残したボブも透け感のあるカラーと毛先のゆるい動きをプラスするだけで、いい感じに夏らしくブラッシュアップできますね。

これくらいの顎少し下ライン、前下がりのボブはお手入れやスタイリングも簡単です。
ワックスやオイルを手ぐしでなじませて質感を調整するだけで良いですよ。


もはや定番ともなってるボブは切りっぱなし、外ハネ、コンパクト、ウェーブetc
いろんな見せ方があるのでテイストや普段のライフスタイルに合わせて自分好みの雰囲気を選べるのも楽しくておすすめしたいポイントですね。

ブリーチ後、ブラウンをオンしてナチュラルなハイトーンカラーに、初めて明るめにするのでちょっと心配なんて方にも自然な色味だと違和感ないです。

バックのインナーを短くカットして伸びてきても収まるように。
これから梅雨を迎えますが、そんな時期にも扱いやすいのです。


カラーとカットで気分を一新したい方も是非ご相談してくださいね。


スタイリング=COTA B7 と ニゼルテクスチュア
カラー=チェスナット と グレージュ

2018/05/16
ベリーショートにハイトーンカラー
表参道あたりでは特に、ショートカットのスタイルを見かける事が多くなった気がするこの頃

こんにちは、柴田です。
この時期から夏にかけてヘアーもいろいろと楽しみたいですよね。

そこでハイトーンショートのおすすめ


タイトな雰囲気をいい感じに演出したショートやベリーショートは今とても気分ですよ。
明るめカラーで夏らしく涼しげにすると尚良いと思います。

襟足すっきり、フロントやや長めにカットしてドライに仕上げてもコンパクト。
ウェット、ドライ、最近は質感の見せ方もファッションの気分に合わせてアレンジするのが良さそうですね。


外国人風ショート、夏におすすめ是非ご相談くださいね。

カラー=ナチュラルハイ
スタイリング=N.スタイリングセラム




2018/05/08
ドライエアリーショート、ハイトーンカラーで外国人風
無造作ショートカットのご提案。明るめカラーと組み合わせるといい感じです。

こんにちは、柴田です。
今日はなんだか肌寒かったですね、皆さん体調お気をつけてくださいね。

そう、それでショートカットのお話なのですが、
そろそろ夏に向けてスタイルを変えたい方もいると思います。
無造作な動きをつけたショートはこの夏おすすめです。


バックを短めにカットしてサイドの束感がでやすいように。
前髪は中央だけ短めにカットして無造作スタイリングができるようにしましたよ。


ショートからボブに伸ばしかけという方にも良いですね。
よくあるのは前髪を伸ばしたいけどどうしていけば良いのか、、ってありますよね。
そういう場合にもおすすめなラフバングは
ショートカットと相性◎で全体をクシャっとしたくなり、今風。
尚且つ気付けば前髪とサイドが伸びてた。というところに向かえますよ。


カラーは
アイシーグレイのハイトーンカラーで透明感を+。
スタイリングは
ケア・オブ・ヤードのオーガニックオイル

でした。



2018/05/05
お手入れ簡単な重めボブ、夏にもおすすめ
フォルムを残したコンパクトなボブはシンプルだけど際立った雰囲気を演出できるので夏に向けてもおすすめですよ。

重め眉ラインの前髪は目ヂカラupの効果も、
全体に重くなりすぎないようにナチュラルトーンのハイライトカラーで動きと柔らかさをキープしました。

こんにちは、柴田です。
今日も天気いいですね。夏に向けて髪を切ろうとお考えの方多いと思います。
ボブはお手入れも簡単で扱いやすく、いろんな方が試せそうですね。


今回のボブは重さを残しながらバックサイドのラインをいい感じに見せるため、実はバックのインナーを刈り上げています。
そんなふうにゾーンで軽い所をつくっておけば、重すぎる感じになるのを回避できますよ。
刈らずでも調整は可能、髪質、骨格、はえグセ に合わせてコントロールできます。
そんな事も是非ご相談して下さいね。


オイルやワックスで全体の質感を整えればスタイリング完了。毎日のアレンジも簡単ですね。

それではまた、
ゴールデンウイークも後半、みなさん良い週末を!
サロンのご予定も、お待ちしております。



read more