menu

STAFF

STAFF

Hajime Kijima木島 一

スタイリスト歴
              20年以上                 
得意なイメージ
ナチュラル・キュート
得意な技術
肩から上のスタイルでナチュラルで可愛らしいスタイルが得意です。傷めずにカットするのでスタイルの持ちも良いです。
趣味・マイブーム
家具や雑貨を見に行くこと。植物を育てることも好きです。

STYLE

Hajime Kijima
Hajime Kijima
Hajime Kijima
Hajime Kijima
Hajime Kijima

read more

BLOGブログ

2021/10/24
ぎりぎりで、間に合った歌川国芳展!
こんにちは表参道の美容室dropの木島です。
最近めっきり寒くなって来ましたね!
晴れた日でも夕方には結構寒くて冬を感じる
季節になって来ましたねっ!
今回は江戸時代末期の代表する浮世絵師の一人
歌川国芳展を観てきました。
自分が感じた事は
構図がすごく精密四角いキャンバスにどう
人物や背景を構成するかはその絵の要になる部分
だと思うんですが、それがバツグンにセンスが良く
表現力の豊さをとても感じました。



この雨の表現なんかも絵で表すのって凄く難しいと思うんですが、
すれをうまく表現できていてこの時代にしかも浮世絵で表現する
アイデアとセンスは感心させられました。




この絵は坂道を描いた作品で実際の道はこんなに曲がってはないと思いますが、
だいぶ極端に描くことで面白くインパクトのある印象になって感じました。

歌川国芳の作品を観て今の日本の漫画やアニメーションの始まりを
感じました。
どこかユーモラスで計算された構図や少しおおげさな表現が見る人の
心を絵だけで、捉えれる上手さは、この時代から日本人は
表現していたことに喜びを感じました。
浮世絵というある種すごく立体感を表現しずらい
手法でこんなにも豊に表現できる日本人のイメージ力を誇らしくも
感じれる展示会でした。

2021/10/21
本日入荷しました!リファフィンガーアイロン!
こんにちは表参道の美容室dropの木島です。
本日フィンガーアイロンがdropに入荷しました!

もともとリファさんから発売されていた ビューティックストレートアイロン
をベースにもっと使いやすく、持ち運びが便利なように改良されました。
コードレスに改良されたり、大きさもコンパクトなサイズ感でスマートフォンより
少し大きいぐらい、前髪や毛先にアイロンを入れるのにお勧めです。
4時間半の充電で約30分間使用可能です、
アイロン部分にはカーボン・レイヤープレートという
アイロンでのダメージを最小限に少なくする特殊素材を使っています。
しかもアイロン部分にはキャップが付いていてキャップを付けた段階で
電源がオフになる仕組みになっているので、使い終わったらすぐに
キャップを付けてカバンに入れられる現代の忙しい女性に嬉しい
構造になっています。
自分もまだ実際に触ったことがないので、まだ解らない部分は多い
ですが、とっても楽しみな一品だと思います。、気になる方はスタイリストに気軽にご相談ください!
それではまたっ。

2021/09/22
木島ブログ・新商品登場!リファフィンガーアイロン!
こんにちは表参道の美容室dropの木島です。
最近はめっきり秋っぽくなって日が暮れるのが、
早くなってきて、何となく心寂しい季節になって来ましたが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
本日は10月20日に発売する。
リファのヘアケアシリーズからフィンガーアイロンを
ご紹介します。
もともとリファさんから発売されていた ビューティックストレートアイロン
をベースにもっと使いやすく、持ち運びが便利なように改良されました。
コードレスに改良されたり、大きさもコンパクトなサイズ感でスマートフォンより
少し大きいぐらい、前髪や毛先にアイロンを入れるのにお勧めです。
4時間半の充電で約30分間使用可能です、
アイロン部分にはカーボン・レイヤープレートという
アイロンでのダメージを最小限に少なくする特殊素材を使っています。
しかもアイロン部分にはキャップが付いていてキャップを付けた段階で
電源がオフになる仕組みになっているので、使い終わったらすぐに
キャップを付けてカバンに入れられる現代の忙しい女性に嬉しい
構造になっています。
自分もまだ実際に触ったことがないので、まだ解らない部分は多い
ですが、とっても楽しみな一品だと思います。
先行予約も受付ていますので、気になる方はスタイリストに気軽にご相談ください!
それではまたっ。

2021/09/09
映画 ショック・ドゥ・フューチャーを観てきました。
こんにちは表参道の美容室dropの木島です。
最近雨が多く気圧の変化に身体がついて行けずいけず、
体調不良に悩まされている今日この頃いかがお過ごしでしょうか。
本日は最近観た映画「ショック・ドゥ・フューチャー」を紹介します。
舞台は1978年パリに住むミュージシャンを目指す少女アナが
「CR-78」というリズムマシンと出会い彼女にとって革命的な出会いとなった
一日を描いた青春映画です。
監督はかなりの音楽オタクだとみました。
「CR-78」というリズムマシンは過去のアーティストにも大きな影響を与えていて、
その当時にも革命的な影響を与えた物らしく、映画の中かでもこのリズムマシン
を起点に彼女の作曲への可能性を見せたい感じが、ひしひしと伝わりました。
映像も78年が舞台という事もあり、雰囲気が抜群に格好良かったです。
とくにアナの部屋「ほぼこの部屋のみで撮影したらしい」ですが、
この部屋の雰囲気が抜群に格好良く特にオープニング部分の
映像とセロームの「スーパーネイチャー」の曲が流れてるシーン
は「うわ、これはもうたまらない!」って感じでした。

個人的にはアナの着ているTシャツのジャニス・ジャップリンが
たまりませんでした。
と久々のマイヒット映画でした。
「周りの人はつまらなそうでしたが」(笑)
ぜひオススメです!

read more